一般社団法人日本PVプランナー協会が設立

日本最大の太陽光発電普及の団体が一般社団法人化 一般社団法人日本PVプランナー協会が設立

日本PVプランナー育成協会はこの度一般社団法人化し、『一般社団法人日本PVプランナー協会』設立記念式典を10月19日に開催しました。同会(所在地:大阪府茨木市 理事長:竹内政隆)は、太陽光発電の健全な発展のために設立され、太陽光発電事業者の育成と業界の健全化、施工品質の向上等に努めて参りました。

これまでは、任意団体として幹事会社の株式会社フォトボルテック(代表取締役: 池田真樹)が運営いたしておりましたが、一般社団法人化し、今後公益性をますます高め、活動の場を広げてまいることになりました。

『一般社団法人日本PVプランナー協会』は、前身の『日本PVプランナー育成協会』以来の主な事業として、販売研修・施工研修・産業用SI研修や見学会等の研修・見学会事業をはじめ、出版事業や地区会活動等の事業を行なっており、現在までに、のべ500社余り、優に一千数百名を超す受講生を輩出し、業界をリードする健全な人材育成を行っております

【協会設立の意義】
本年は再生可能エネルギーの全量買取制度も施行され、太陽光発電業界はかつてなく大きな注目を浴び、『太陽光バブル』と言われるほどの非常な活況を呈しています。しかし一方で、安全対策不備による『転落死亡事故』や、『施工不良』あるいは『知識不足』による『雨漏り』や『発電不良』・『パネルの飛散事故』、新興海外メーカー等による『長期品質保証の信頼性』、『販売上のモラル面』等、当初より指摘されていた問題点は解決するどころか、ますます深刻な社会問題化しつつあります。

これらの問題の解決のためには、『一般社団法人日本PVプランナー協会』の唱える、太陽光発電事業者の育成と業界の健全化、施工品質の向上を目的とする研修や地域での活動は、その必要性をますます高めていると言えましょう。

【今後の取り組み】
・太陽光発電「販売研修」・「施工研修」・「産業用太陽光発電SI研修」を通じて、業界の『知識と技術』を向上させるための様々な研修の実施と、その習得レベルに応じた資格の認定制度の実施。(プログラム提供:フォトボルテック)
・全国を7つの地区に分け(2012 年10 月現在)、協会員同士の販売・施工網等の相互協力の強化を行い、また地域に特有な問題や時々のトピックス等、地域性時期性を考慮した勉強会等を1、2 か月に1 回程度それぞれの地区で開催の予定
・地域・社会に対する太陽光発電の広報・啓蒙活動

【日本PVプランナー協会組織】
役員;理事長・副理事長(2名)・専務理事・理事(6名)・監事 地区会:東北エリア・北関東エリア・南関東エリア・中部エリア・近畿北陸エリア・中国四国エリア・ 九州エリア(全国7つのエリア、参加企業約300社)にそれぞれ、エリマネージャーが1名ずつ。

■ 一般社団法人 日本PVプランナー協会概要
1)協会名 ; 一般社団法人 日本PVプランナー協会
2)理事長 ; 竹内 政隆
3)所在地 ; 大阪府茨木市横江1-2-22
TEL ; 072-636-9000
FAX ; 072-636-9008
Eメール ; otoiawase@pv-planner.jp
4)設  立 ; 平成24年10月
5)主な事業内容 ; ・太陽光発電研修事業
・協会員の資質の向上をはかるため協会員の指導育成に
努めるとともに、社会に貢献すること
・地区会運営
6)URL ; http://pv-planner.jp

【この件についてのお問い合わせ】
一般社団法人日本PVプランナー協会 担当:山口(やまぐち)
℡;072-636-9000 Fax;072-636-9008 E-mail ;otoiawase@pv-planner.jp